中垣歯科医院の歯科アレルギー専門治療センター 金属アレルギーになってしまう原因

ホーム歯科アレルギーになってしまう原因 > 歯科材料

歯科材料

毒性歯科材料(修復物の材料と消毒薬など)

修復物の材料と消毒薬などの毒性歯科材料は身体に影響を与えます。

アトピー性皮膚炎、湿疹、アレルギー、掌蹠膿疱症、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、膝痛、めまい、不眠、イライラ、不妊・・・など医科に行っても治らない原因不明の辛い症状

歯の詰め物の歯科金属やレジン(樹脂)が原因かもしれません!?

修復物の材料

歯科金属(詰め物、被せ物、芯棒、インプラント、入れ歯のバネ、床など)・レジン(樹脂)など

歯科金属

消毒薬
根の治療の消毒薬や歯周病治療に用いる消毒薬やホワイトニング剤はなるべく身体に優しい安全なものを使用しています。
修復物の材料(金属、樹脂)

歯に詰める歯科材料(金属、樹脂など)はあなたの身体の一部となります。
そして、24時間 × 365日 × 数年~一生、あなたの口腔内で身体に影響を与え続けます。
その影響は計り知れません。
歯に詰める歯科材料の中には身体に良くない水銀などの毒物が含まれているものもあるのです。歯科材料で問題となるのは特に金属とレジン(樹脂)です。

毒性歯科金属
(保険歯科金属)アマルガム、金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金、銀合金、(自費歯科金属)金合金、チタン
保険内歯科金属
  • アマルガム
  • 金銀パラジウム合金
  • ニッケルクロム合金
  • 銀合金
保険外歯科金属
  • 金合金
  • チタン

身体の一部となる歯科材料には納得できる安全な最高の素材を選ぶべきです。 しかし、最高の素材を使用しても異物には違いなく本来の歯質には劣りますが、せめて、毒性の高いものは取り除き、なるべく納得できる安全な歯科材料で修復し、もうこれ以上異物である歯科材料を増やさないように予防管理していくことが大切です。
歯科金属の害として当医院では3つの害(溶解・電流・電磁波)を注目しています。

金属イオンとして溶解

口腔内は湿潤状態であるためイオン化傾向の差により電池と同様の作用で歯科金属が金属イオンとして溶解し、アレルギーを引き起こしたり、臓器に蓄積し、身体に悪影響を及ぼしています。

金属イオンとして溶解して、体内に吸収されるイメージ

併設、ミキコクリニックにて行っています。 毛髪検査、分子栄養学的尿・便・血液検査などで毒性金属イオンの体内蓄積度が解ります。

毛髪検査
毛髪検査診断表
尿・便・血液検査
尿・便・血液検査キット

併設内科:ミキコクリニック

口腔内電流(ガルバニー電流)

口腔内で金属が金属イオンとして唾液中に溶解すると同時に、電子を放出し口腔内電流(マイクロガルバック電流)が起ります。
口腔内電流(マイクロガルバニック電流)は自律神経を乱し、様々な症状を引き起こします。
心電図や筋電図は心臓や筋肉の図、脳波も脳で発生する微弱な電流を測定し、診断しているのです。心停止や脳死といった生死を判定するほどの重要な臓器の間の口腔内でドイツの基準値(3μA以上89mV以上は有害)以上の電流が発生して自律神経を乱し、身体に悪影響を及ぼしているのです。

陰山先生が開発した口腔内電流測定器(放電機能付き)オーラルテクター(国内1号機)やゼロテクター(国内1号機)で放電することにより、症状が改善すれば症状の原因が口腔内電流(マイクロガルバニック電流)であったと診断できます。

毒性歯科金属によって発生する口腔内電流

口の中の金属は帯電しやすく、
ガルバニー電流という微弱電流を生じて、
脳活動を混乱させたり
頭痛や関節痛を増悪させたりします。
また、身体の疲れや不眠なども引き起こし、
老化につながります。

O-Techtor 国内一号機
O-Techtor 国内一号機
Oral Techtor 国内一号機
Oral Techtor 国内一号機

ドイツでは3μA以上89mV以上が有害とされています。

電磁波を集積

携帯電話の普及が進み、多くの携帯電話の基地局ができ繋がりやすくなり、高速化が進みエレクトロスモッグ(電磁波の霧)は濃くなる一方です。
私達は口腔内に歯科金属というアンテナを立て携帯電話や家電、高圧電線から発せられる電波や電磁波を歯科金属に集積し、電磁波の悪影響を受けながら生活しています。
電磁波は歯に詰められたアマルガムから水銀を放出させるという報告(イラン、シラッツ)もあります。

身の回りの電磁波

口の周りにアルミホイルを巻いて確認をします

口の周りにアルミホイルを巻くことにより、症状が改善すれば、症状の原因は口腔内の歯科金属がアンテナとなって集積している身の回りの電磁波であったと診断ができます。

レジン(樹脂)

レジンはプラスチック=合成樹脂の一種で石油を原材料とした化学合成物質です。(合成界面活性剤も、化学的組成という面からみるなら、大きな意味で、プラスチックの仲間です。) その意味で、レジンなどのプラスチック素材が、私たちの肌に触れる、まして口腔内で唾液という水分、飲食物による酸や熱に曝され、咀嚼や歯ぎしりという応力や摩擦熱を受けているので危険を感じないわけにはいきません。 一部のレジンには最近、極めて危険であるとして話題になっているホルモン攪乱物質の一つであるビスフェノールAという化学物質が含まれています。ビスフェノールAはもっとも多用されているプラスチックの一つであるポリカーボネート(PC)の原材料でもあります。

アメリカ人のガン研究者であるソト―
という女性のビスフェノールAの乳がんへの影響への研究
乳がん細胞は女性ホルモンを受け取ってこそ増殖するという特異性があります。乳がん細胞の細胞内にあるホルモンを受け取る部分=レセプターに特異性があるからです。すなわち、乳がん細胞は女性ホルモンのないところでは増殖できないはずなのです。
ところが、ソト―の行った実験では、培養容器であるシャーレの中の乳がん細胞が、女性ホルモンを添加していないにもかかわらず増殖してしまったのです。この事態にソト―は何が作用した結果乳がん細胞が増殖したかを突き止めました。熱以外の刺激に対しては極めて安定度の高い化合物であると理解されていたプラスチック製のシャーレから溶出していたビスフェノールAこそが、乳がん細胞に女性ホルモンと同様の作用をもたらして増殖を起こしていたのです。アメリカの歯科医師会は「ビスフェノールAはホルモン攪乱物質としての可能性が高い」と認めながらも「虫歯治療の詰め物に使うレジン中のビスフェノールAは、ビスGMAとして安定し、溶出することはないから安全だ」との意味の見解を出しています。このような見解が後に覆された例を私たちは数多く見聞きしてきました。
消毒薬

根の治療の消毒薬や歯周病治療に用いる消毒薬やホワイトニング剤はなるべく身体に優しい安全なものを使用しています。
効くかどうかわからない薬(消毒薬や抗生物質)をむやみに使用すると、身体にダメージを与えます。希望の方には抗生物質感受性試験(自費治療)を行い、原因菌に対して一番効く薬を選び出し、身体へのダメージを最小限に抑え、素早く、効率的に殺菌していきます。殺菌や消毒の効果も希望者には根の治療の場合は根管内嫌気培養試験、歯周病治療の場合は位相差顕微鏡検査、遺伝子検査リアルタイムPCR法などで確認します。(自費治療)

根管内嫌気培養試験
嫌気培養器
位相差顕微鏡検査
位相差顕微鏡
遺伝子検査リアルタイムPCR法
歯周病菌遺伝子診断認定歯科医院です

tel:0668418217

24時間お問い合わせ受付:お問い合わせフォームはこちら

中垣歯科医院
Nakagaki Dental Clinic
〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚4丁目7-4
TEL:06-6841-8217
診療時間:午前9時から13時、午後15時から19時
土曜日は午前9時から12時、午後13時から17時
休診日:木・日・祝祭日
  • 駐車場/府立桜塚高校正門前 4台
  • アクセス

遠方よりお越しの患者さまへ

飛行機でお越しになる方

大阪空港(伊丹空港)でモノレールに乗り、「大阪空港駅」から1つ目、「蛍池」駅で降ります。阪急電車(宝塚線)に乗り換えて(モノレールと同じフロアでつながっています)、梅田方面の普通電車(各駅停車)に乗ります。2つ目の岡町駅で下車してください。岡町駅から歩いて10分です。

新幹線でお越しになる方

新幹線の新大阪駅で下車して、地下鉄御堂筋線新大阪駅の千里中央方面行きに乗り、4つ目の駅、桃山台駅で下車してください。(途中、江坂駅で路線が北大阪急行に変わりますが、そのまま乗車していて大丈夫です。)桃山台駅から阪急バスに乗って約10分です。中桜塚4丁目バス停下車すぐです。

治療の流れと費用
ページの先頭へ戻る