中垣歯科医院の歯科アレルギー専門治療センター 当院の治療方法

ホーム当院がお勧めするアレルギー検査 > 遺伝子検査

遺伝子検査

遺伝子検査 検査風景

熱変性・アニーリング・伸長反応によって目的のDNA領域を増幅させる方法で、PCRによって増幅するDNA量をリアルタイムに測定する方法です。蛍光物質が二本鎖DNAに入り込み光の照射によって蛍光を発する特異性を利用しています。蛍光の強さは核酸の量に比例して強くなるため、その蛍光強度を発する特異性を利用しています。
蛍光の強さは核酸の量に比例して強くなるため、その蛍光強度を測定することによってDNAの増幅量を知る方法です。

遺伝子検査の結果からわかること

遺伝子検査でどの歯周病菌がどれだけいるかはっきりと数字で示されます。
すなわち、正確な診断・的確な治療が可能

  • 生活習慣病なのか、歯周病菌の感染によるものかの判断
  • 原因菌に対する的確な抗生剤の選択が可能

(例)Red Complexの数値が高い場合はセフェム系の抗生剤を投与するなど

検査対象細菌(歯周病原因菌)

「Red Complex(3菌種):P.gingivalis (P.g)、T.denticola (T.d)、T.forsythia (T.f)」「A.actinomycetemcomitans (A.a)」「P.intermedia (P.i)」「Fusobacterium nucleatum (F.n)」

遺伝子検査を受けるメリット

メリット1
歯周病の治療が
科学的になる
「Rotor-GeneQ:遺伝子解析装置」「QIAgility:自働分注器」

すなわち、歯周病の原因菌が特定できるので、

  • 患者様に説明しやすくなる
  • 原因菌に対応する抗生剤を選べるので治療成績が大幅にアップする
インプラント治療風景
メリット2
インプラントの治療
安心して行える
インプラント周囲炎
予防につながる
メリット3
医科歯科連携
対応できる
歯科的アプローチと医科的アプローチ

厚生労働省などの政策として、医科歯科連携は今後益々進みます。
医科の先生方と糖尿病などの患者様の歯周病の臨床所見や治療法などをお伝えするときに科学的データが必要となります。
現在のところ最も精度が高いのは位相差顕微鏡の画像と遺伝子検査です。
従来の保険治療による歯周組織検査方法(歯周ポケットプロ―ビング、BOP:プロ―ビング後の出血、歯垢の染め出し、歯牙動揺度検査)は重要ですが、それだけでは不十分です。歯周組織検査は医科ではあまりご存じでない先生も多く、歯科の世界だけにしか通用しない方言のようなものです。
グローバルな世界で英語が必要不可欠であるように、歯科の世界だけにしか理解できない“方言”ではなく“共通言語”である遺伝子検査が必要です。

tel:0668418217

24時間お問い合わせ受付:お問い合わせフォームはこちら

中垣歯科医院
Nakagaki Dental Clinic
〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚4丁目7-4
TEL:06-6841-8217
診療時間:午前9時から13時、午後15時から19時
土曜日は午前9時から12時、午後13時から17時
休診日:木・日・祝祭日
  • 駐車場/府立桜塚高校正門前 4台
  • アクセス

遠方よりお越しの患者さまへ

飛行機でお越しになる方

大阪空港(伊丹空港)でモノレールに乗り、「大阪空港駅」から1つ目、「蛍池」駅で降ります。阪急電車(宝塚線)に乗り換えて(モノレールと同じフロアでつながっています)、梅田方面の普通電車(各駅停車)に乗ります。2つ目の岡町駅で下車してください。岡町駅から歩いて10分です。

新幹線でお越しになる方

新幹線の新大阪駅で下車して、地下鉄御堂筋線新大阪駅の千里中央方面行きに乗り、4つ目の駅、桃山台駅で下車してください。(途中、江坂駅で路線が北大阪急行に変わりますが、そのまま乗車していて大丈夫です。)桃山台駅から阪急バスに乗って約10分です。中桜塚4丁目バス停下車すぐです。

治療の流れと費用
ページの先頭へ戻る